いつだって…

いつだって そんな顔をするのだから

自信満々で

必ず となりに誰かいて

楽しそうに笑っていたから

「結婚しなきゃ、よかった…」なんて

言わないでほしかった。

私に なんていって欲しかったの?

Photo

|

久しぶりにこっちに来ました

どうも、ものすごーく、ご無沙汰しております。来夢です。

「えっ?生きてたのか?」って??ヒドイなぁ…。でもそう思われても仕方ないくらいの放置でした。。すみません。

思うんですが、ネットって、どっぷり浸かるのはダメだと常々思っています。別にひきこもりに警鐘云々だなんて、お節介な語りをするわけではありませんが、自分でただ、なんとなく、そう思いました。手があり、足があり、リアルな生活がある。だったら、自分の居場所でちゃんと生きて行かなければ…。その肉体が持て余すところの余熱を、こうしたブログやネットにぶつけるのは構わないかもしれないけれど、あくまで「余熱」なんだなぁ…って。

先日、友人が「やっと8月中には裁判は避けられそうです…」と離婚調停の経過を教えてくれました。とてもお似合いだと思っていたご夫婦だったけれど、御主人が突然、今年の1月に家を出ていってしまわれたとか…。

子供も作らず、二人だけの生活が続いていても、外から見るかぎりでは「おともだち」のようなご夫婦でした。でも、「おともだち」や「同居人」にはなれても、「男女」や「夫婦」の関係には戻れなかったんだって…。

なんだかなぁ…。

せっかく縁があって、好き同士で結婚したんじゃないのかな?と私は思うのですが、それって時代遅れな、おバカロマンティストな考え方なのかな?心だけじゃ人は結びつかないものなの?

「主人に対する情はあったの。それは愛情なのか、友情なのか、わからないけど。でも、夜はとてもじゃないけれど、一緒にベッドに入ることは出来なかった…」って。

よくそういうふうに友人から聞かされて、「そういう夫婦も今はアリなんだろうな…」と納得していたけれど…(いや、自分で飲み込もうとしていたのかな)結局はそれが原因?で夫婦は壊れてしまったのだ。

こんなことを聞かされてしまうと…さすがに好きな人が出来ても、躊躇してしまうなぁ…。

自分が死ぬほど好きでも、二人の関係がカンタンに壊れてしまったら、私自身、とてもじゃないけれど、耐えられそうにないから。

|

声が聞きたいよ

少し疲れた声で

悲しそうな声で

いつも自分の幸せを後回しにする声で

貴方はいつも 私を支えてくれていましたね。

何百年、何千年の時を経て…

そんな恋愛なんて あるわけがない。

以前、そうやって笑っていた私でした。

でも

貴方に出会ってから 変りました。

だって貴方は

過去に必ずめぐり逢おう、と

久遠のかなたで約束を交わした

忘れえぬ恋人だと思うから…。

古よりこのかた、

心のどこかで呼び続けていた

貴方の存在を

今はこの時代で しっかりと

抱きしめていたいと思います…。

Photo_19


にほんブログ村 ポエムブログへ

|

夢のなかに

現実で貴方の記憶を切り取られて行く、

その進行を受け入れがたくて

夢のなかに 逃げ込んでしまいました。。。。

重荷になりたくないから

永遠に胸にしまっておきます。

にほんブログ村 ポエムブログへ

言葉にできない〜小田和正コレクション

|

大好きだから

あなたが大好きなんです。

今度、手を繋いで

散歩に誘っていいですか?

にほんブログ村 ポエムブログへ

限定 手作りカーネーション柄オルゴール ハート型

|

«LIMISM その17